自分の本を出版しようと思ったら、知っておくこと


あなたが電子出版を考えているなら最低限、知っておいた方が良いことがある。

それは電子出版をしていく上での正しい知識とノウハウである。


「検索して調べながら進めていけば良いのでは?」

なんて思っていたら、遠回りだ。


それらの情報を知った頃には、一冊の本が完成しているだろう。



検索で調べるといっても
キーワード自体を知らなかったら、調べること自体が出来ない。


また実際には、そこまで経験していない人が書いていて

同じ内容がコピーされて増殖されているものばかり。


さらに、その人が経験しているのか?といえば

実際に電子出版をしてるのは、ほんの数冊だけといった結果である。



出版でいえば、私の場合は30冊に近い出版数という経験をしており

その数を出していく上での知識やノウハウを持っている。


つまり、そういった人の話を聞いた方が早いということ。




今回の制作した音声では、まず電子出版をするなら
「これだけの事を知っておいたら大丈夫」というものを作り上げた。



色々と調べたり、本を買ったりするよりも、また分からないまま出版を目指すよりも、
まずは、この音声に投資してみてほしい。


知っておくための知識に加え、実際に経験してきた出版のノウハウも話しているからだ。



●その内容の一部を紹介すると....

→ 最高70%の印税率に加え、ページビューという仕組み


→ 通常の出版の延長上ではなく、電子出版は全く違うものである


→ 電子書籍マーケティングとは?


→ どこで出版すればいいのか?どのように出版していけばいいのか?


→ 出版の手順と、そのコツとは





『教材内容』


音声:約1時間(59分13秒)
形式:MP3 ダウンロード
専用ページあり

価格:¥1,000-(税込)

オーディオセミナーであれば手を止めることもなく、聞き流しながら学ぶことが可能です。
トラブル防止のため、パソコンでダウンロードして下さい。 





1999年より、アドビ公認のMACトレーニングスクールでDTP(チラシや広告を制作するスキル)、ウェブサイト制作を学ぶ。 

その後さらに、マインドマップの講座への参加・ Photoreading(速読)を学ぶ。 
さらに大阪にある日本メンタルヘルス協会で心理学を学ぶ。また約20年間のダンススタジオ経営を経験する。

今後は必要とされる知識の学びと同時に活動も拡げていく。
 

JSMA 一般社団法人 日本スマートフォンマーケティング協会
認定コンサルタント
2015年1月には、JSMA 一般社団法人 日本スマートフォンマーケティング協会にて、認定のスマートフォン・コンサルタントとなる。その後、18冊の電子書籍を出版。現在は自身の本を出版すると同時に、他の著者の方の電子出版サポートやプロデュースもおこなう。